工場型アスベスト国賠訴訟・和解金

泉南アスベスト訴訟とは

大阪府の泉南地域において、石綿工場で働いて石綿肺、肺がん、中皮腫などにり患した多くの被害者が、国が適切な時期に規制しなかったことなどを理由に、国家賠償訴訟を起こしました。

約8年半にわたる裁判の結果、平成26年10月9日、最高裁判所は、国の責任を認め、被害者らに慰謝料を支払うことを国に命じました。

国による和解手続き(工場型アスベスト)

【認定条件】

最高裁判決が下されたことにより、国は、勝訴した被害者と同じような条件のもとで石綿の被害にあった人に対し、損害賠償金の支払いを行うことを明らかにしました。損害賠償の対象になる被害者は以下の条件すべてに該当する方です。

  1. 昭和33年5月26日から昭和46年4月28日までの間に、局所排気装置を設置すべき石綿工場内において、労働者として、石綿粉じんにばく露する作業に従事した方
  2. その結果、石綿肺、肺がん、中皮腫、びまん性胸膜肥厚、良性石綿胸水に罹患した方
  3. 提訴の時期が損害賠償請求権の期間内であること

(解説)

  1. 対象期間
    昭和33年5月から昭和46年4月までの間に石綿工場で就労した方です。 上記期間内に就労した事実があれば、一部の期間でもかまいません。その前後の期間を超えて働いていても補償の対象となります。
  2. 病名
    石綿肺、肺がん、中皮腫、びまん性胸膜肥厚、良性石綿胸水にかかった方が対象です。 それぞれ、業務上石綿を取り扱ったことが原因とするには基準があり、事実確認と医師の診断が必要です。(→労災認定基準はこちら)。
  3. 提訴期間
    石綿の病気の確定診断、死亡、労災認定またはじん肺管理区分決定から20年以内に請求する必要があります。例えば、石綿肺(管理2など)を長く患っておられる方は、最初の管理区分決定から20年を経過した場合には時効になるのでご注意ください。

【基準慰謝料】

国の和解基準額は、病気の種類や進行度や被害者が生存中か死亡しているかによって変わります。また、下記の慰謝料金額のほかに弁護士費用の一部や遅延損害金が加算されます。

(生存中の場合)

ア 石綿肺(じん肺管理区分)管理2で合併症がない場合550万円
イ 石綿肺管理2で合併症がある場合700万円
ウ 石綿肺管理3で合併症がない場合 800万円
エ 石綿肺管理3で合併症がある場合950万円
オ 石綿肺管理4、肺がん、中皮腫、びまん性胸膜肥厚の場合1150万円

(死亡の場合)

カ 石綿肺管理2または3合併症なしで死亡1200万円
キ 石綿肺管理2または3合併症あり、石綿肺管理4又は肺がん、中皮腫、びまん性胸膜肥厚で死亡1300万円

【工場型アスベストよくある質問】

▷労災保険は未申請、申請したが不支給だった

労災認定を受けていたほうが和解手続きを進めやすいうえ、別途労災保険制度による補償(治療費、休業補償、遺族年金など)が受けられます。和解手続きの請求前に労災認定を受けられるかどうか、弁護士にご相談ください。

▷既に事業場(勤務先)が廃業、倒産しており事業主証明が取れない

勤務先の証明がなくても、年金記録や、ご本人の証言、同僚証明などによって、労災認定、和解手続きできる場合がありますので、弁護士にご相談ください。

▷亡くなられた被害者のご遺族の方からの請求

以下のご遺族は国との和解手続きの対象となる可能性があります。

相続人となる方全員で和解手続したほうが便利ですが、相続人の中に連絡が取れない方がいる場合や、協力が得られにくい場合には弁護士にご相談ください。

その他「Q&A」もご覧ください。

解決実績

当弁護団では、2014(平成26)年以降2021(令和3)年現在まで、140件以上の被害相談を受け、うち80件以上、国との間で和解解決しています(※関西弁護団担当事件に限る。)。

当弁護団がこれまで相談を受け、解決した事件の被害状況、勤務先、従事作業や取扱製品には以下のようなものがあります。

なお、国との間で和解が成立し賠償金を受け取った方でも、勤務先などから別途賠償金を受領できる場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。

被災者の傷病名

石綿肺(管理2合併症あり・なし、管理3、管理4)、悪性胸膜中皮腫、悪性腹膜中皮腫、肺がん、びまん性胸膜肥厚

勤務先(出入り先):当時の名称

日本アスベスト(現:ニチアス)、竜田工業、久保田鉄工(現:クボタ)、日本バルカー、浅野スレート(現:A&Aマテリアル)、三菱マテリアル建材(現:エム・エム・ケイ)、宇部スレート、倉敷レイヨン(現:クラレ)、久代石綿(現:クシロブレーキ)、河原冷熱、渡辺工業、富士化工、朝日石綿(現:A&Aマテリアル)、五稜石綿、南海パッキン工業、三好石綿(現:エム・エム・ケイ)、関西スレート、昭和電工、日産自動車など

作業内容(製造製品名含む)

混綿作業、紡績、紡織(織布)、裁断、切断、金属加工・溶接、研ま、製管、仕上、梱包、石綿袋の再生、分析・試験・検査、監督・管理、構内運搬、設備修繕(ミキサーのモーター修理、送風機検査)など

製造製品名(一般名称含む)

保温材、組みひも、石綿糸、石綿布、リング、パッキン、ジョイントシート、ブレーキライニング(摩擦板)、石綿フェルト、波板スレート、化粧板、ケイ酸カルシウム保温材(ケイカル板)、シリカライト、スーパーテンプボード、マリンボード、カポサイト、スプレーテックス、ラックス、湯沸かし器

裁判例

国の和解条件を満たす工場型アスベスト事件に関して、肺がんの遅延損害金の発生が確定診断日ではなく労災認定時とする国の支払基準が不合理として争い、勝訴判決を獲得しました。【福岡高等裁判所令和元年9月27日判決、福岡地裁小倉支部平成31年3月12日判決】

上記の判決の結果、国はそれまでの取扱いを改め、中皮腫や肺がんの生存被害者に対し、労災認定時ではなく、確定診断日からの遅延損害金を支払うようになりました。

工場型アスベストの弁護士費用

1. 工場型(泉南型)アスベスト損害賠償請求(国賠)

着手金無料
報酬金賠償金受領額の16.5%(税込)
実費1万円
  着手金は無料です。賠償金の受領後にその金額に応じて報酬金が発生します。 提訴にあたっては実費1万円がかかります。
  • ※請求権が時効間近などの特別な事情がある場合、請求額に応じた印紙代が別途必要な場合があります。
  • ※国賠申請前に労災申請、石綿救済法等の申請手続きを行う場合があります。
  • ※国賠とは別に、(元)勤務先に対して賠償請求できる場合があります。2.【1】【2】

2. 企業に対する損害賠償請求

【1】交渉
着手金0~16.5万円(税込)
報酬金賠償金受領額の11%〜22%(税込)
実 費通信費(郵送費)等
 交渉事件については原則として着手金無料です。交渉のために特に事実調査もしくは資料作成が必要な場合には、別途~16万5000円までの着手金をお支払いいただく場合があります。
交渉の結果、企業側からゼロ回答またはきわめて低額な和解提案しかない場合、訴訟移行をお勧めする場合があります。
【2】訴訟
着手金33万円(税込・第1審)
報酬金賠償金受領額の16.5%〜22% (税込)
実 費印紙代、通信費(郵送費)等(数万~十数万円)
 訴訟事件では事件開始時に着手金が必要です。着手金は、結果にかかわらずお支払いいただく前払費用です。賠償金の受領後にはその金額に応じて報酬金が発生します。
交渉事件から訴訟へと移行する場合には、交渉事件の着手金(支払った場合)と訴訟着手金の差額を追加着手金として申し受けます。
一審判決後に控訴手続によって事件が高等裁判所にうつる場合には、追加着手金が必要となります。

3. 労災保険や救済給付の申請

申請費用実費のみ(郵送費等)
報酬金認定時に支給額の11%(税込)
 労災保険や石綿救済法に基づく給付の申請については、担当弁護士から関連支援団体 (労働安全センター)へのご相談を紹介する場合があります。
この場合、労災等申請手続きに関する弁護士費用はかかりません(紹介無料)。

工場型アスベストを相談する

当弁護団では、着手金無料にて請求・和解手続きをお受けしています。被害者相談のページをご覧のうえ、ご連絡ください。